投資信託ってなに

投資家になることは決めたが、投資にもいろいろあるらしい

株式投資、投資信託、FX取引、不動産投資、etc…

全て何となく聞いたことあるけれど、はっきりとは分からない

それぞれの素人イメージはこんな感じ↓

【株式投資】投資と言えばこれ。配当生活とか株主優待とか聞いたことあるし、簡単でお得そう

【投資信託】 ・・・?  よく分からないけど、漢字的には投資を信託する、つまり誰かに任せるってことかな

【FX取引】一攫千金の通貨取引。茶髪にサングラスのトレーダーが動く棒が並んだパソコンの画面に噛り付き、あぶく銭に一喜一憂する。そういえば学生の時にY先輩が一瞬にして数十万を失ったっていう噂を聞いた気がする

【不動産投資】胡散臭い投資の代名詞。仕事中によく勧誘の電話がかかってくる。めちゃくちゃしついこい。なんで番号知ってんねん。これもヤバい投資のイメージ。

この中で投資信託ってのが素人なりにもあんまりイメージがつかない

でもここまで見た動画では、一番よく聞くフレーズな気がする

調べてみよう

以下、投資信託協会より引用↓

「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

投資信託とは
出典:https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/about/what/

なるほど、みんなでから集めたお金を専門家が運用してくれて、利益を分配してくれるってことか

専門家がやってくれるってことでなんか安心だし、少ない金額から始められるってこともハードル低いな

株って一株数百円とかもあるけど、100株からしか買えないとかで、結局数万円以上の原資が必要になるもんな

じゃあハードルの低い投資信託でやってみよう!専門家の皆さんお願いします!

・・・と言いたいところだが、どうも「専門家にお願いする」という部分については、必ずしも正解とは言えないようだ

投資信託には大きく2種類あって、専門家の皆さんが頑張ってくれる投資信託を「アクティブファンド」、日経平均やTOPIXなどの指数に基づいた運用を機械的に行う投資信託を「インデックスファンド」というらしい

敏腕の専門家であればガンガン利益を生み出してくれそうなものだが、意外にも長期的な運用成績でいくと、どんなに優秀なアクティブファンドもインデックスファンドには敵わない、、とされているようだ

なんだか腑に落ちない話だが、誰にも分からない投資の世界で平均点を取り続けることがいかに難しいかということなのだろう

長期的かつ安定的に資金を増やしていきたいのであれば、インデックスファンドでアセットアロケーションを組むのが最強とマネーセンス浅田さんはおっしゃっている

ん?アセットアロケーションって?

これは次の宿題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です