固定費削減プロジェクト「通信費見直し②~格安SIMにのりかえてみた~」

格安SIMに乗り換えることを決めた僕

いろいろな会社があるようだが、

  • 通信速度をできるだけ下げない
  • できるだけ簡単に乗り換えられる(店舗サービスが充実している)
  • ある程度電話もできる

という観点で調べると、ワイモバイルが最強、という結論に達した

ワイモバイルはソフトバンクの系列で、いわゆる「サブブランド」と呼ばれる格安SIMのようだ

ソフトバンクの回線を使うため通信速度や安定性の面で他の格安SIMよりも勝り、店舗も充実しているため不慣れでも乗り換えやすいとのこと

そして「10分以内かけ放題」という通話プランがデフォルトで組み込まれており、オプションを加えることなく電話ができる

知り合い同士ならほぼLINE電話で事足りるけど、子どもが小さいと役所とか幼稚園とか病院とか、こまごまと普通の電話をかける機会はあるもんな

あと、ワイモバイルの場合ソフトバンクを解約しても、ソフトバンクエアーの家族割引は適用されるとのこと!

さすがサブブランド!家でのWi-Fiはこのままソフトバンクエアーを使いたいと思ってたので、おあつらえ向きの条件である

よし、ワイモバイルに乗り換えるぞ!

まずは嫁の説得だ

嫁は大手趣向でけっこう保守的

案の定、格安SIMの提案をすると怪訝な顔をされた。。。笑

だがくじけない!

無駄に容量の大きいプランを使い続けていたこと、同じiPhoneがそのまま使えること、番号を変えずに電話もできること、通信速度もほとんど気にならないらしいということ、毎月1万円以上浮いてくること、これらを粘り強く説明し、「まあ同じように使えるなら・・・」と合意に漕ぎつけた

では実際に乗り換えよう!

まずはメールアドレスの登録変更

格安SIMにするとキャリアメールが使えなくなるので、キャリアメールのアドレスが登録されているアカウント等を変更していく

この際全部Gメールにしとこう

次にMNP番号の取得

SIMカードを入れ替えても電話番号をそのまま使うための手続きだ

これもmy softbankの中で簡単に申請できた

さて次は何かな、、、とその前に、どこからショップにお任せでできるか電話をかけてみる

するとどうだろう、もう後はショップでできてしまうというではないか

楽勝やん

後日ショップのお兄さんに教えてもらいながら無事乗り換え完了

そして実際に使ってみての感想

ちょっと昼休みに遅くなる感じが無くもない

でもほとんど何も変わらない

全然問題ない

今までもったいないことしてたんやな・・・・

でもまた一歩我が家の財政が健全になった!

この手ごたえがうれしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です