名言格言評論『青春の辞書には失敗というような言葉はない』

【リットン 1803~1873 イギリスの小説家 政治家】

これも割とよく聞く名言

若いうちはなんでも経験と思って失敗を恐れず挑戦しなさいという教え

失敗も大切な経験であり学び

そういう意味では若い君に失敗なんていう概念は無いのだ! ということ

青春かあ

そもそも青春ってなんや

イメージ的には学生ドラマ的なやつか?

でも「一生青春!」とか言ってる芸能人もいるし

調べてみよう

以下、ウィキペディアより引用

青春とは、元はを表す言葉である。二千数百年前の古代中国における陰陽五行思想では、「春」には「青(緑)」が当てられる。同様に、「夏」を「朱(赤)」、「秋」を「白」、「冬」を「玄(黒)」に当て、それぞれ「青春(せいしゅん)」、「朱夏(しゅか)」、「白秋(はくしゅう)」、「玄冬(げんとう)」という。これらは季節を表す言葉である。また、陰陽五行思想において、「春」は15歳から29歳を表す。これらの意味が転じて、日本では特に「青春」について人生における若々しく元気で力に溢れた時代を指すようになった。日本では夏目漱石の「三四郎」のヒットを機に定着したと言われており、同書の『考えるには、青春の血が、あまりにも若すぎる』に代表される、若者の焦りや葛藤を表す表現が、現代に至るまでの青春のイメージを定着させたと言われる。ちなみに、「青春」以外が人間の年代を表す言葉として用いられることは、一般的な用法ではない。文学の中では中学、高校生を中心とした10代の青少年を題材に描かれることが多い。近年の先進国では、大学進学率の向上により学生の高年齢化が進み、20〜30歳までを「青春」に含む見方もある。

なるほど

やっぱり青春は明確に15歳~29歳までとされてるんや

僕は今年31歳

いつのまにか青春は終わっていたようだ・・・

でも僕はここであえてこの名言を言い換えたい!

『人生の辞書には失敗という言葉は無いっ!!』

かなり異論が出てきそうな名言になったな 笑

言い過ぎたか。。。

でもさ、青春限定って寂しいやん

何歳になっても失敗から学べるやん

失敗を恐れずチャレンジしたいやん

そういう気持ちで生きていきたいやん

そういえば大学の先輩が言ってたな

「その道のプロっていうのはその道で起こる失敗を全部経験した人のことを言うんや」と

プロになるには失敗をせんとあかん

何歳になっても失敗をせんとあかん

そしてその失敗は失敗ではなく、成長するための糧なのだ

Edward George Earle Lytton Bulwer Lytton, 1st Baron Lytton by Henry William Pickersgill.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%BC%EF%BC%9D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3

青春を終えた僕の辞書にも失敗という言葉は無いですよね?リットンさん?

え?「それは自分次第やろ」ですって?

ですよね!!笑

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です