名言格言評論『常に謙虚であるならば褒められた時も けなされたときにも間違いをしない』

【ジャン・パウル 1763~1825 ドイツの小説家】

ふむ、謙虚であることが大事ですよ~っていうのはよく分かるけど、よく考えるとちょっと首をかしげてしまう名言かもしれない

褒められた時に謙虚  ←まあ分かる

謙虚であれば、褒められても天狗にならないので間違えない、そりゃそうだ

けなされたときに謙虚  ←??笑

これはどういう状況かな

悪口を言われても謙虚  ってことよな

うーん

・・・そうか!

「悪口を言われるということは、自分に何か不十分なところがあったに違いない!」と謙虚に受け止めなさいっていう教えか!

確かに悪口を言われて腹を立てて、相手を逆にけなすことになるよりは良いわな

まあ難しそうやけど!笑

Jean Paul by Friedrich Meier 1810.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AB

でもパウルさんあんまり謙虚そうには見えへんな・・・笑

知らんけど!笑

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です