名言格言評論『いかに長く生きたかではなく、いかに良く生きたかが問題である』

【セネカ BC4~AD64 ローマの哲学者】

これはよく聞くよな

末期がん患者が最後は病院を出て家族と暮らす、とかまさにこれやな

いわゆるクオリティオブライフ

あとはヘビースモーカーお父さんとか酒飲みお父さんとかも好きそう

酒が飲めんなら死んだ方がましじゃ!がっっはっはっは!」みたいな

でも言ってることは分かるけど、やっぱり長く良く生きたい・・・笑

長生きできる見込みが無くなった時にはこう思うしかないけど

でもこのセネカさんはこの時代にしては結構長生きやな!

68歳まで生きてはる 笑

この時代の人らはどれくらい生きてたんやろ

ローマ帝国の人口学

平均寿命25歳やって! まあけっこう生まれてすぐ死んじゃう子が多かったみたいで、5歳まで生きられたら40歳くらいまでは生きていたらしいけど

それでもセネカさんは大往生過ぎる!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%82%A8%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%8D%E3%82%AB

こんなおっちゃんやって 笑

うわっ最後は自害させられてるみたい・・・

この名言がいつ出たかは分からんけど、死に際の一言やとしたら重いなあ・・・

まあとにかく、常に良い人生にしよう!と思って頑張って生きていたら、急に死ぬってなってもこの名言を言えるわけやから、頑張ろうっ!笑

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です